マルシェジャポン食材をまるごと味わうレシピ
<< May 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

カボチャとホウレン草のチーズキッシュ
JUGEMテーマ:料理
 






















かぼちゃとホウレン草のチーズキッシュ(直径約20cm型)

材料
かぼちゃ、パプリカ赤  1/4個ずつ
ホウレン草  1わ
冷凍パイシート  2枚
卵  Sサイズ2個
牛乳、生クリーム  50ccずつ
プロセスチーズ(クリームチーズ)  40g
パルメザンチーズ  大さじ2
塩、胡椒   お好みで


レシピ
1 かぼちゃをラップせずにレンジで3分前後、中心が加熱されるまでかける。
2 ホウレン草はさっと短めに下茹でし、しっかり絞ってから3〜4cmの小口切りにする。
3 ボウルに卵、生クリーム、牛乳、塩、胡椒を入れ泡立てないようよく混ぜる。
4 パイシートを解凍し敷き詰めた型に1、2の野菜、適当に切ったパプリカ赤、手で一口大にちぎったプロセスチーズをまんべんなく並べ、卵液を注ぎ、パルメザンチーズを振り、余熱しておいた200度のオーブンで50分前後焼く。


ポイント
◯今回はカボチャたっぷり、重量感あるキッシュの為、卵液をずっしり系、パイ生地をしっとり系(空焼きなし)にしました。サクサクパイがお好きな方は200度で空焼き15分、具を入れて40分ほど焼いて下さい。
◯プロセスチーズは焼き途中グツグツとグラタン状になるので、卵液はいつものキッシュと違い入れ過ぎはNG! パイ生地の8、9割までいれてもOK。

 
 







 


大きめカットで加熱したカボチャ
パイ生地の余りの端は重ねて入れてしまえばよい。


 











★4の途中 焼き上がりの表面の色をイメージし具を配置する。
焦げ目を付けたい具材は卵液から顔を出すように とか。



今回プロセスチーズを入れたので焼き上げリは膨らんだ状態








チーズが余ってたので今回キッシュに入れました。
チーズ2種がなくてもおいしいキッシュになります。
あった方がおいしいけど。
わざわざ、買うのもね。
基本、キッシュは家にあるもので作る。
気合いがある方はパイから作ると更によいですね。 他人事。






ブロッコリーのキッシュ
 





















ブロッコリーごろごろキッシュ

材料
ブロッコリー 1株
じゃがいも 大1個
パプリカ赤 1/4個
ベーコン 2枚
プロセスチーズ 大さじ3〜4
卵 2個
牛乳、生クリーム 70ccずつ
塩、コショウ 適量


準備
冷凍パイシートは解凍しておき、オーブンは余熱しておく、野菜類は大きめにカット(下の写真参照)

レシピ
1  解凍したパイシートを直径20cm前後の型にはめフォークで穴をあけオーブンで15分焼く

2 たっぷりの水に塩をいれた鍋で、じゃがいもを茹で、中心まで火が通ったらその鍋にブロッコリーを加え、10〜20秒ほどでブロッコリーの色が変わったらじゃがいもごとザルにあげ、しっかりブロッコリーの水分をキッチンペーパーなどで切る。(ブロッコリーは生でもよく、湯にくぐらす程度で!)

3 ボウルに卵を割り入れ、生クリーム、牛乳、塩コショウを加えるたび、良く混ぜる。

4 焼けた1に2、パプリカ赤、ベーコンをぎっしり敷き詰め、3を全体にまんべんなく流し入れたら(卵液は焼くとかさが少し減るので、パイから少しあふれても問題ないです)チーズをふり200度のオーブンで約40分焼く。


ポイント
◯今回はパイをサクっと仕上げる為、一度焼いていますがめんどうな方は、パイは少々しっとりしますがそのまま具材をいれ50〜60分焼いて下さい。
◯ブロッコリーは鮮やかなグリーンを残すため、2では茹で過ぎないよう、湯にくぐらす程度にしてください。
◯野菜の分量や種類はお好みで割合を調節して下さい。
















↑4の途中ですがこれだけびっしり敷き詰めます。更にベーコン、チーズ、卵液を加える。

↓焼き上がりました。ブロッコリーがちゃんと鮮やかなグリーンで歯ごたえも生きてます。







にんじんと芽キャベツのキッシュ





にんじんと芽キャベツのキッシュ (焼時間50分前後

 

材料

人参 中2本

芽キャベツ 10個

ウインナー 1袋(7本前後)

冷凍パイシート 2枚

パルメザンチーズ 大さじ3〜4

 卵 3個

牛乳、生クリーム 100ccずつ

塩、胡椒 お好みで


準備

冷凍パイシートは解凍しておく。

オーブンを余熱しておく。

 

レシピ

1 にんじんは、一口大に切り、中心に火が通るまで茹で、芽キャベツとウインナーはそのまま切らずにフライパンで炒める。

 

2 ボウルに卵3を割入れ、生クリーム、牛乳、塩胡椒の順に入れるたび、よく混ぜる。

 

3 解凍したパイシートを直径20cm前後の型にはめ、フォークで穴あけ、1をぎっしり敷き詰める。

 

4 3の隙間を埋めるよう2を流し入れ、パルメザンチーズをふり、200度のオーブンで50分焼きます。

 


ポイント

余裕があれば、パイに重しをのせ15分程度カラ焼きをしてから、具などを敷き詰めるとサクサクしたパイに仕上がります。その時は、様子をみてキッシュの焼き時間を少し減らして下さい。


具材を敷き詰める際、切り口を意識しウインナー、芽キャベツの配置をされると綺麗に仕上がります。